ブラジルサッカー選手の名前はほとんどがあだ名だった

天皇家にはハワイ王家との縁談の話があった。
1881年世界一周旅行で来日したハワイの空 ハワイ王国の安定のため命のカイウラニ王女山階宮定マローニとの縁談を日本政府に持ち出した。
日本政府はアメリカとの対立を避けるためにこの縁談を領有睦仁の拠出が入った新書を持って丁重に断った。
もしこの縁談が実っていたらハワイ王国はもっと長く存続していたであろうとされている。
その一方太平洋戦争が早まった可能性や日露戦争におけるアメリカの行為的中率を得ることもできずハワイとともに日本も列強の植民地にされていた可能性も指摘されている。
ただし、キトー君 高校生はどんな状態の包茎でも効果があるわけではなくて、ブラジル人のサッカー選手の名前は本名ではなくニックネーム。
事故カレカルンガなどブラジル人サッカー選手の名前は本名ではなくニックネームというのは有名な話ではなぜ彼らがニックネームで登録するのかそれはブラジル人男性の名前はアントニオカルロスダシルバこの三つで人口のほとんどを占めているからです。
本名で登録すると試合中紛らわしくなるというのです。
ところが2018年ロシアワールドカップでは23名の代表選手にはあだ名の選手が一人もいないという結果になりました。
これは1974年以来44年ぶりの出来事だったようです。
サッカー選手があだ名を使用しなくなった理由は簡単でブラジルのサッカークラブの役員がそれを禁じているからあだ名禁止令和サッカー選手が頭に付随するイメージに縛られて十分な才能を発揮できなくなるからという点が理由の一つに挙げられています。
また選手の個性を重視したサッカーから寄居チームプレーや戦略性を重んじるサッカーに変化していることもその背景にはあるようです。